月 日 あ ゆ み
2019年 ↓  
8月28日 「第7回 ちょっぴり上達ラボ」開催 参加者6名
・「教室内での勉強会をどのようにするか。またそのトピックの決め方」「より効果的な教え方」(悪い例から考える) プレースメントテストのプリント配布
8月26日 個人会員の浜田麻里さんがKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ~人権啓発コーナー」で「外国からきた子どもたちへの日本語支援の現状」について話した。
・「日本で暮らす外国籍住民は年々増加し、273万人と過去最高。京都府の人口よりも多い」「日本語指導が必要な児童・生徒は4万3千人で、その四分の一は指導を受けていない」「今後、増え続けるが、予算も人も不足している状況。地域格差もある」。
・笑福亭晃瓶氏が「子どもは言葉を覚えるのが早いから心配しなくてもいいのでは?」と質問、それに対して「日常言語が話せても、学習言語を習得しないと思考力が身につかなくなる」と事例を添えて説明。さらに、「保護者への支援も大切」と訴えた。
7月25日 第6回「ちょっぴり上達ラボ」(教え方などの悩み相談会)開催(渡部真理さん主催) 参加者7名
・「上級の教材と教え方」「学習者との向き合い方」
6月19日 第5回「ちょっぴり上達ラボ」開催 参加者14名
6月15日 2019年度 第1回定例会(通算62回目の定例会) 出席31名 (団体18+1・23名、個人会員4名、 国際センター2名、京都府国際課2名)
・新規入会団体「日本語クラス長岡京」
・報告(こどもサポート/研修チーム/京都府の多文化共生推進事業に係る説明会について) 会計監査担当者選出 その他(わいわいセッション地域版/9月の研修会/メーリングリストについて)
5月11日 京都府国際課が日本語教室実態調査を実施(文化庁補助金)
・京都府国際課と意見交換(於:京都府国際センター) Rings所属の各教室の現状(活動の成果や今後の課題)を報告、京都府に求める支援について
4月 京都にほんご教室マップ改訂
3月28日 「ちょっぴり上達ラボ」(教え方などの悩み相談会)(4回目) 参加者5名
3月17日 第14期 総会(2018年度 第4回定例会/通算61回目の定例会)開催(於:京都府国際センター) 出席31名 (団体17・25名、個人会員5名、 国際センター1名)
・2018年度事業報告・会計監査報告、2019年度活動計画案(研修会/「ミニわいわいセッション」/研修チームによる養成講座)、2019年度予算案、会計担当者再選 その他(Rings各教室のメンバーへの情報提供/メーリングリストの管理/Ringsデータ冊子更新について)
2月23日 役員会
↑ 2019年  2018年 ↓  
12月9日 第60回(2018年度 第2回目)定例会 開催 出席32名(16団体・22名、個人会員9名、 国際センター1名)
・新規入会団体承認・ふくちやま日本語教室
・日本語教育人材のパブリックコメントについて、日本語教育の推進に関する法律案概要を説明(日本語教育について国レベルで重要な動きがあり関心をもってほしいとの趣旨説明) 京都府国際課との意見交換について
・情報共有方法について、現在のRings のMLは3人/団体の制限があり、各教室の支援者が共有できる方法を検討するために、現状ではどのようなメディアを使用しているのか事前調査をすることに。
・研修チームが2018年に協力した養成講座について報告
・外国人のために実施した防災訓練の報告
・ホームページの管理について
11月25日 「ちょっぴり上達ラボ」(教え方などの悩み相談会)(3回目) 参加者2名
11月18日 「ヒューマンフェスタ2018」(主催:京都府、京都人権啓発推進会議ほか 会場:京都テルサ)に、Ringsがブースを出展。(世界人権宣言70周年を機に開催)
・この国で日本語が話せないということはどういうことかを訴え、Ringsのブースを視察した京都府西脇知事に対して渡部代表が地域の日本語教育の重要性を訴えた。
10月20日~ 木津川市国際交流日本語教室で研修会を開催(3回)。Ringsの研修チームが協力。
10月14日

「ヒューマンフェスタ2018」出展準備のための打ち合わせ会

10月7日 京丹波国際交流協会の国際交流30周年記念式典にRings会員が出席。
9月30日 台風24号が接近したため定例会を中止。Ringsはじまって16年間、三か月に一度開催し続けている定例会が初めて中止になった。
研修チームの反省会(城陽講座8回と亀岡講座8回)は延期。
9月 久御山町で養成講座を開催。
・Ringsの研修チームが協力。
8月30日 「ちょっぴり上達ラボ」(2回目) 参加者7名
・「検定対策」「和語・漢語・外来語」「新しい形の養成講座」「人種差別」「居場所としての役割り」などについて話し合う。
8月 KBS京都ラジオ「ほっかほか人権情報」のコーナーに渡部真理代表が出演。
・Ringsの活動内容や京都府内の日本語支援の状況を説明。〝外国人と仲良くする極意〟も伝授。
7月31日 第1回「ちょっぴり上達ラボ」(教え方などの悩み相談会)開催(渡部真理さん主催) 参加者12名
・初めての人は何から始めたらいいのかを、とりとめもなくいろいろとお喋り。
7月28日 役員会
7月22日~9月23日 日本語支援ボランティア養成講座(2018年度)。
亀岡国際交流協会がRings研修チームの協力を得て、全8回で開催。
※7/29は台風で休講。(全7回)
7月18日 「やさしい日本語」有志の会が、熱中症予防のポスターを配信。(体温をこえる〝危険な暑さ〟が長期間続いた)
7月5日 「やさしい日本語」有志の会が、大雨避難情報を配信。
(豪雨により西日本の多くの地域で河川の氾濫や浸水害、土砂崩れが発生し、死者、行方不明者、避難者多数の甚大な災害となった)
6月18日 大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生。京都府の南部地域も被害受ける。
6月17日 第59回(2018年度 第1回)定例会 開催 出席27名 (団体16・20名  新規加入の木津川市国際交流協会、久御山日本語教室を含む、個人会員6名、 国際センター1名)
・入会団体の紹介(木津川市国際交流協会、久御山日本語教室)、
・3月11日の15周年記念事業報告、研修チーム/こどもサポートグループ/「やさしい日本語」有志の会/会計から報告 ホームページ研修 他
5月19日~7月7日 日本語支援ボランティアの養成講座(2018年度)
城陽市国際交流協会がRings研修チームの協力を得て、毎週土曜、全8回で開催。
4月8日 こどもサポートグループ会議
3月11日 結成15周年を記念して「わいわいセッション2018」開催 のべ200人が来場(出展者70名を含む)
会場:ガレリアかめおか
・学習活動の充実や日本語支援ボランティアの認知度向上を目的に、京都府内の24の日本語教室・団体がブースを設営し、各地域での活動状況を紹介。
出展ブース:19教室(加盟団体17、未加盟団体2)、子どもサポートグループ、「やさしい日本語」有志の会、教材展示販売、教室アピールコーナー、
当日の様子はホームページに掲載。https://rings15th.jimdo.com/
3月11日 第13期 総 会(2017年度 第4回定例会/通算58回目の定例会)開催 出席41名 (団体17・30名、個人会員9名、 国際センター2名)
会場:ガレリアかめおか
・2017年度事業報告・決算報告・会計監査報告、2018年度予算
・次年度会計監査は「たちばな倶楽部」が担当、研修チーム・北中部日本語教室ネットワーク会議の予定
↑2018年