夢気球

■団体について 
名称  日本語支援ボランティア団体「夢気球」
設立時期  2011 年 9 月 10 日
所在地  〒 610-0121 京都府城陽市寺田西ノ口 7-4 西邦ビル 2 階 城陽市国際交流教会(JIEA)
連絡先

 電話:0774-57-0713    FAX:0774-57-0714

 メール:inquiry@jiea.jp

 HP::http://www.jiea.jp

会員数

 全会員数は 71 名(ボランティア未登録の会員を含む)

年会費

会費は徴収していない。

会報の発行

会報として「夢気球だより」を年に3回程度発行。A3サイズでカラー印刷したものを会員に届けている(メールで電子ファイルを送信することも可能であるが、敢えて費用をかけて現物を配布している。)。

事業形態

日本語教室は委託ではなく自主的に開設し運営している。

活動方針

学習者のニーズに沿った日本語教室が運営できるように努力する。例えば、学習回数を増やしたいという要望があれば、週に3回まで増やすことができる。

関係機関

 記載なし

■支援者について
必要な資格

①日本語支援の経験がある。

②所定の日本語支援ボランティア養成講座を終了している。

③上記の養成講座と同等以上の実力があると認められる。

支援者数 68名(JIEAのスタッフ3名を除外)
活動補償

①基本的に支援者のテキスト代と交通費は支援者が負担。

②教材および教材などのコピー費、会報や報告書、アンケートなどを会員に送るための通信費はJIEAが負担。

③ボランティア保険の加入費用はJIEAが負担(ボランティア保険に加入するのは夢気球の役員と実際に支援活動をしている人に限定)。

④教室を開く際に使用する場所として、JIEA、ぱれっとJOYOから それぞれ無償で提供.を受けている(ぱれっとJOYOで開く教室のうち、日曜日午前の教室以外は有料)。

■学習者について
受入範囲 ①教室に来ることができれば小学生でも受け入れる(実際には小学生が日本語を勉強する例はかなり少ない。)。
②日本語検定を目的とした教室は開設していないが、普通の教室への受け入れはする。受験への配慮もするが、試験に合格するかどうかは学習者自身の責任である。
募集方法 ①JIEAのHPで受講者を募集している。
②チラシを公共の場所に置いている(JIEA、ぱれっとJOYO、市民活動支援センターなど)。
3.最近はクチコミが多い(学習者が友人に紹介するケースが多く見られる)。
受講費用 ①日本語教室の授業料自体は無料である。
②JIEAでは学習者に国際交流協会の会員になることをお願いしているので、年会費として3.000円が必要である。
年間受講者数  76 名(2015 年度の総受講者数)
出身国 ベトナム(25)、インドネシア(9)、中国(8)、USA(8)、フィリピン(4)、台湾(4)、ネパール(4)、タイ(3)、ブラジル(2)、英国(2)……… ≪10か国、計69人≫
ケニア、イタリア、南アフリカ、香港、韓国、トルコ、バングラデシュ、セルビア、ロシア、日本 ……… ≪10か国、各1計10人≫
学習目的  記載なし
属性 留学生/実習生/日本人の配偶者/AET
■教室について
開設場所数 ①城陽市国際交流協会、②ぱれっとJOYOの2箇所。
開催曜日 ①JIEAでは、月、火、水、木、金の午前と午後に日本語教室を開いている(曜日によっては夕方の時間帯に教室を開くことができる。)。
②ぱれっとJOYOでは、主として日曜日の午前に日本語教室を開いている(日曜日の午後、土曜日の午後、平日の夕方にも教室は開いているが、希望者はあまり多くない。)。
平均人数 支援者1人に対して学習者1人のケースが多く。支援者1人に対して学習者2~3人のケースもあるが少数である。
1回の時間 1時間30分を基本にしている。
会場外の教室 通常は所定の場所で教室を開いている。ただ、例えば病院、ショッピング、リクレーションに出かけたりして実用的な日本語を勉強することがある(これを課外授業と呼び、事前にJIEAに届け出ることによってボランティア保険も適用される。)。
出張教室 他の場所(例えば小・中学校など)に出かけて行って日本語教室を開くことはしない。
■その他
教室の特長 ①基本的な受け入れ態勢として、二つの場所を使って月曜日から日曜日まで毎日、日本語教室を開くことが可能になっている。
②学習希望者の意向により、週に3回まで授業を受けることができる。更に特別な事情(例えば、来日直後で日本の社会に早く溶け込みたいなど)がある場合は、特例として毎日学習できる可能性はある。
課題 学習者希望者が増え、現在の支援者数では対応ができなくなってきている。対策として、次のことを実施しようと考えている。
①昨年度に引き続いて日本語支援ボランティア養成講座を開催し、支援者増を図る。
②支援者一人に対して学習者複数の教室を徐々に増やす。
特記事項 記載なし